Silhouette -スタジオ シルエット-

小栗生也のポートフォリオサイト

お気に入りの楽器

ギター

プロフィール About Us

小栗生也

小栗生也/Ikuya Oguri

1976年北海道小樽の牧師家庭に生まれ
讃美歌・聖歌の流れる環境で育つ。
その影響もあり幼少よりピアノを学び、
14歳でロックギターに移行する。

1999年上京後、シンセサイザーコンポーザー
Yasushi.KによるテクノユニットG-FREQ(ジー・フリーク)
に加入し、都内で精力的なライブ活動をはじめ、
多方面の音源参加や音楽誌の執筆を経験する。

この頃よりDTMとアナログシンセサイザーに興味を持ち、
自身の楽曲製作に多様する。
以来、愛機はRoland JUNO-6。

同ユニット解散後は女性VoユニットMilleFace(ミルフェイス)
のサポートギタリストとしてライブ、多数の音源に参加。

2004年小坂忠氏、高叡華氏に師事しゴスペル専門レーベル
ミクタムレコード株式会社に入社。
イベント制作、プロデュース、奏楽を含め幅広く学ぶ。

2005年元劇団四季女優、ダンスインストラクターらとともに
行ったミュージカル制作を切欠に、ロック、テクノ、
クラシックにアンビエント要素を加えたスタイルによる
楽曲製作・演奏に傾向。

2009年国際芸術文化協会理事 現代水墨画家 高尾圭氏と
共に日・韓・中の芸術家とのコラボレーションステージを
各地で展開する。

2010年韓国大使館文化院で行われたコラボレーションステージ
を経て、自身の楽曲『MIRAGE』に対し韓国大使館より文化院賞
を受賞。

2014年 日韓中アジアン芸術展20周年記念にてCALM収録曲
「M-6祈りの回廊」北海道教育長特別功労賞受賞。

現在は北海道小樽市に在住。
楽曲制作・イベント制作や個人レッスン、サポートなどを
行う他、インストゥルメンタル曲を中心にソロで活動している。

制作実績 Works

利用楽器・設備 Instruments

HAMER USA DIABRO FENDER USA TELECASTER CUSTOM SHOP Keith Richards Model OVATION 1868 Elite GODIN DUET Roland JUNO-6 studio2013

お問合せ Contact

captcha