Silhouette -スタジオ シルエット-

小栗生也のポートフォリオサイト

お気に入りの楽器

youtube

プロフィール About Us

小栗生也

■小栗生也 / Ikuya Oguri

1976年北海道小樽の牧師家庭に生まれ讃美歌・聖歌の流れる環境で育つ。
その影響もあり幼少よりピアノを学び、14歳でロックギターに移行する。

1999年上京後、シンセサイザーコンポーザーYasushi.KによるテクノユニットG-FREQ(ジー・フリーク)に加入し、都内で精力的なライブ活動をはじめ、
多方面の音源参加や音楽誌の執筆を経験する。

同ユニット解散後はMilleFace(ミルフェイス)のサポートギタリストとしてライブ、多数の音源に参加。

2004年小坂忠氏、高叡華氏に師事しゴスペル専門レーベルミクタムレコード株式会社に入社。イベント制作、プロデュース、奏楽を含め幅広く学ぶ。

2005年元劇団四季女優、ダンスインストラクターらとともに行ったミュージカル制作を切欠に、キャロル・アンビエント・ヒーリング要素を加えたニューエイジミュージックを中心に楽曲製作・演奏活動をはじめる。

2009年日・韓・中の芸術家とのコラボレーションステージを各地で展開する。

2010年 韓国大使館文化院で行われた芸術家とのコラボレーションステージを経て、自身の楽曲『MIRAGE』が韓国大使館文化院賞を受賞。

2014年 日韓中アジアン芸術展20周年記念にてCALM収録曲「M-6祈りの回廊」北海道教育長特別功労賞受賞。

現在は北海道小樽市に在住。楽曲制作・イベント制作や個人レッスン、サポートなどを行う他、2019年5月ニューアルバム『Milky way』リリースに伴い、ユニット活動をスタート。ホテルレストランやカフェを中心に様々なイベントに出演中。

 

■小栗聖名 / Seina Oguri

平成20年生まれ。3歳の時に父の制作楽曲でコーラスの録音を経験後、楽曲参加やクリエイティブな分野に興味を持つようになる。その後、FMおたる交通安全CMナレーションを切っ掛けにキッズコーラスによる多数の音源、イベントに参加する。その他、市内小学校のポエムコンクール銀賞受賞など学業においても様々な作品が選出されるなど、クリエイティブ分野に意欲的に取り組んでいる。

2019年5月アルバム『Milky way / Produced by Ikuya』リリースを切っ掛けに、毎週、父とのユニットでレストランを中心に出演。Ikuyaの楽曲とマッチした透明でピュアな歌声は人々の心を安らぎと癒しで包む。

趣味・特技 : 絵画(イラスト)、読書、もの作り
好きなアーティスト:忌野清志郎、Nokko
好きな俳優 ・キャラクター : 水谷豊、名探偵コナン

制作実績 Works

利用楽器・設備 Instruments

HAMER USA DIABRO FENDER USA TELECASTER CUSTOM SHOP Keith Richards Model OVATION 1868 Elite GODIN DUET Roland JUNO-6 studio2013

お問合せ Contact

必須:お名前
必須:メールアドレス
任意:電話番号
必須:お問い合わせ内容

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。